無料オンライン学習Livoo!ホーム > 受講者1000人アンケート 結果発表

受講者1000人アンケート 結果発表

 

9000人突破企画!Livoo!受講者1000人アンケートの結果を発表します!

みなさん、こんにちは。Livoo!運営事務局の井上です。 Livoo!の受講者が9000人を突破したことを記念して、受講者にご協力いただいたアンケートを集計いたしました。
宅建・証券外務員二種・医療事務・秘書検定の受講者合わせて1091人もの方々がアンケートにご協力してくださいました!ご協力してくださったみなさん、本当にありがとうございました。(日商簿記の受講者アンケートも一部集計させていただきました。)

このアンケートを通して、「どんな人が、どんな目的を持ってLivoo!を受講しているのか」ということを、まだLivoo!を受講していない皆様にはもちろん、既に受講している皆様にもお伝えして、始めるきっかけやモチベーションアップにつなげてもらえればと思います。

教材の分かりやすさ

宅建講座、90%が分かりやすいと回答 証券外務員二種講座受講者、94.3%が分かりやすいと回答 医療事務基礎講座、94.4%が分かりやすいと回答
秘書検定講座、95.6%が分かりやすいと回答 日商簿記3級講座、96.3%が分かりやすいと回答 日商簿記2級講座、96.7%が分かりやすいと回答

全ての講座で、90%以上の方々に「とても分かりやすかった」「分かりやすかった」という声をいただいております。ただ、宅建講座におきましては、他の講座と比較して「分かりにくかった」という声が少し目立ちます。また半数以上の方に「とても分かりやすかった」というお声を頂けているのは証券外務員講座のみです。まだまだ改善していくべき点があるはずですので、各教材の改善点の洗い出しが必要と思います。

今後も行政書士、FP3級、社労士など試験の難易度が高く、ボリュームのある資格講座を提供していきますので、新規講座も含めて引き続き今まで以上の質を提供していきたいと考えています。

 

Livoo!で学習された、たくさんの方が合格されています!

第136・137回の日商簿記検定試験を受験された方へアンケートを実施し、合格率を集計いたしました。
ご受講を検討される際の一つの目安として、ご参照いただければと思います。

合格率

第136回試験(2014年2月試験)

Livoo!受講者78%、全国40.9%
簿記3級の合格率

Livoo!受講者61%、全国41.6%
簿記2級の合格率

第137回試験(2014年6月試験)

Livoo!受講者84.8%、全国48%
簿記3級の合格率

Livoo!受講者57.6%、全国34.6%
簿記2級の合格率

直近過去2回(2014年9月時点)の簿記検定試験におきまして、簿記2級・3級ともにLivoo!受講者が全国平均を上回る結果を出しています。ただ、日商簿記2級・3級の全国合格率がほぼ変わらないのに対して、Livoo!での簿記2級と3級の合格率にはおよそ20%の差が生じています。

更なる合格率アップを目指すために各種オプション教材の開発なども含めてスクールのサービスの充実を進めていきます。

 

年齢

宅建講座の受講者年齢構成グラフ
医療事務基礎講座の受講者年齢構成グラフ

証券外務員二種講座の受講者年齢構成グラフ
秘書検定講座の受講者年齢構成グラフ

「職業」「動機」の2つの質問におきましては、全体における割合が最も高い項目に関して概ね共通していましたが、「年齢」だけは各講座ごとに特にばらつきが見られました。ただ、年齢は次の質問項目の「職業」での回答とセットで考えることができ、例えば主婦に一番人気と考えられる医療事務では、35歳~44歳の受講者が最も多く、主婦の中でも子育てがひと段落して、時間的な余裕がでてきたタイミングでご利用いただいていることが読み取れます。また学生に人気の秘書検定は15歳~34歳で全体の7割以上を占めており、この数値は他講座と比較しても多い割合となっておりました。秘書検定講座の学習動機は「基本的なマナーを身につけたい」というものが非常に多く、まだ社会人としてのマナーに自信を持ちきれない方々の気持ちが表れていると感じました。

 

現在の職業

宅建講座受講者の現在の職業グラフ
医療事務基礎講座受講者の現在の職業グラフ

証券外務員二種講座受講者の現在の職業グラフ
秘書検定講座受講者の現在の職業グラフ

※「アルバイト」=パート・アルバイト、「公務員」=公務員・団体職員、「自営業」=フリー・自営業の項目で回答していただいた受講者の方の総数です。

どの講座も総じて「会社員」の項目がトップですが、「全体に占める割合」は各講座で違いがみられます。

証券外務員二種と秘書検定を見ると、「会社員」に次いで「学生」の受講者が際立って多くなっています。証券外務員二種講座では、内定先で必要な知識となるため受講する方が多く、秘書検定は就職活動の一環として受講している方が多いためです。内定獲得前・後と試験を受けるタイミングは異なりますが、この2講座は特に学生の方も受講者層として多くなっています。

 

学習動機

宅建講座受講者の学習の動機
医療事務基礎講座受講者の学習の動機

証券外務員二種講座受講者の学習の動機
秘書検定講座受講者の学習の動機

すべての講座に共通して、「自己成長(スキルアップ)、趣味」「業務上必要」「転職のため」「就職のため」という、4つの項目で全体の7割を超えていました。その中で少し特徴的だったのは医療事務です。他の3つの動機のトップが「自己成長(スキルアップ)、趣味」に対して、資格の性質上、医療事務の動機ではその項目はあまり高くなく、明確な目的を持った上での学習が行われているようです。

また、自由記述の回答を少しご紹介しますと、宅建では「開業したい」という他講座ではみられない回答が数多くありました。証券外務員二種は「個人的に株をやっているから」「金融業界に勤めていて、もっと知りたいと思ったから」、秘書検定は圧倒的に「一般的なマナーを身につけたかった」という声が多くありました。

 

個人でお申込みの方

Livoo!での学習に興味を持ってくださった方は、以下のページから受講したい講座を選び、お申込みをお願いします。

コース一覧

学校・企業担当者の方

学校・企業担当者様で、Livoo!を活用して資格取得支援をお考えの方は、お気軽にご相談くださいませ。

お問合せ